FAQ(よくある質問)

Q1:  3Dとはどんな技術ですか?

平面のスクリーンやディスプレイに視差のある2つの画像・映像を映し、専用のメガネを使用して左右の眼に視差のある画像が別々に届くようにして、立体感・奥行きを再現する技術です。

私たち人間は2つの眼で物を見ていますが、左右の眼が少し離れていることで左眼と右眼は異なる角度から同じ対象を見ている、つまり同じ対象をわずかな差を持って見ていることになります。このわずかな差を「視差」と呼び、「視差」があることで立体感、奥行きを感じとれます。

 3Dの技術は、わずかな差「視差」を持つ2つの画像・映像を左右の眼それぞれに見せて、「立体感・奥行きのある画像・映像を見ている」と脳をごまかしている、というものです。

詳しくはこちら

Q2:  3Dメガネの仕組みはどのようになっていますか?

1つのスクリーンやディスプレイに映し出された、立体感・奥行きを出すための特殊な画像・映像を、左眼用画像と右眼用画像に分離して届けるようになっています。

具体的には、アナグリフ3Dでは左右で色の違うレンズ、偏光3Dでは、左右で偏光特性の違うレンズを使用しています。

Q3: 3Dメガネはどのようなディスプレイで使用されますか?

ディスプレイの違いではなく、使われる3D技術の違いによって映し出される映像の違いにより、それぞれの3D技術に合致した3Dメガネを使用します。

3D技術には多くの方式があり、メガネもそれぞれ異なります。どのような方式のメガネが必要なのかは、お客様ご自身でお確かめくださいますようお願いいたします。

Q4: 偏光3Dとは何ですか?

偏光3Dとは、「偏光」の原理を応用した3D映像システムを指します。

「偏光」とは、偏光フィルターと呼ばれる特殊なフィルターによりあらゆる方向に振動している光を一定方向のみに振動する光に整えることや状態をいいます。

“偏光3D”は、色付きレンズを使用しないため、立体感や奥行きのあるカラー映像を表示できるので、没入型でリアルな視聴体験を提供したい、映画館、テーマパークのアトラクション、TV等様々な場面で使用されています。

“偏光3D”には多くの方式があり、3D映像を視聴するためのメガネもそれぞれ異なります。”偏光3Dメガネ”を選ばれる際にはどのような方式の”偏光3Dメガネ”が必要なのかは、お客様ご自身でお確かめくださいますようお願いいたします。

Q5: 直線偏光方式と円偏光方式の違いは何ですか?

3D映像システムが、利用している偏光フィルターの方式の違いとなります。

“偏光3Dメガネ”は、3D映像システムに合ったものを選ぶ必要があります。

”偏光3Dメガネ”を選ばれる際にはどのような方式の”偏光3Dメガネ“が必要なのかは、お客様ご自身でお確かめくださいますようお願いいたします。

Q6: Santek 3Dメガネはどこで生産されていますか?

中国・広東省珠海市とメキシコ・ティファナ市の自社工場で生産しています。

自社工場で生産する日本のメーカーなので、品質、お客様サポート等、ご安心いただけると思います。

Q7: 大量注文は可能ですか?

可能です。各メガネ 500個を超えるご注文は画面上部の“お見積り/カスタム等お問合せ”よりお問合せください。

お見積りのご依頼も承ります。

Q8: ウェブサイト上に無い3Dメガネは購入できますか?

一部のメガネではフレームや個装パッケージのカスタマイズもお受けしています。

画面上部の“お見積り/カスタム等お問合せ”より問合せください。